フラッシュフィット(弓カン)の修正・修理 | 千年堂 公式ブログ

フラッシュフィット(弓カン)の修正・修理

「時計を装着すると、ベルト部分がパカパカと動く」

ご愛用時計にこんな症状ありませんか?

今回は当社にご依頼いただく時計で、よくある修理の一つをご紹介します。

 

時計の本体とベルトの間には
フラッシュフィットと呼ばれる金具があります。
弓カンとも呼ばれます。)

また、その内部にはケース本体とベルトをつなぎ止めるバネ棒が入っています。

このフラッシュフィットの部分は、可動が激しい部分でもある為、
長年のご使用で変形し、反った状態になることが多いです。

変形したままでもご使用を続けることもできますが、
装着中にパカパカとガタつきを感じますし、
また変形が大きいと、フラッシュフィットの尖った部分で
ケガをするおそれもあります。

バネ棒も変形しており、併せてバネ棒交換が必要なことも多いです。

 

★ブランド別としては様々ですが、
主にロレックス時計や、アンティークのオメガ時計に見受けられます。

 

当社ではこのフラッシュフィットの修正を
オーバーホールの作業内(基本料金内)で行なっております。
(変形が大きい場合を除く)

フラッシュフィットの修正を行なうと、パカパカと動くことなく、
隙間も綺麗になくなります。

ご愛用時計のフラッシュフィットの変形が気になる方は、
オーバーホールと併せてお問い合せください。

時計の修理は千年堂にお任せください。

千年堂では一流の時計技師による最高の技術を低価格で提供しています。

もしロレックスやオメガなどの高級時計のメンテナンスのことでお困りでしたら、『時計修理の千年堂』にご相談ください。

メーカーでの修理を断られてお困りの方もパーツ次第では修理対応が可能な場合もございます。まずは一度お問い合わせください。

あなたの大切な腕時計が末永く時を刻み、愛され続けることを願って私たちは修理をしています。

よくある故障事例時計修理について
シェアする
sennendoをフォローする
オメガ、ロレックス、カルティエ、タグホイヤー、ブライトリング、IWC、各種高級時計の時計修理・オーバーホール-時計修理の千年堂 千年堂株式会社公式ブログ