【よくある故障事例】 オメガ時計のバックルスライドネジ外れ | 千年堂 公式ブログ

【よくある故障事例】 オメガ時計のバックルスライドネジ外れ

当社にご依頼があった故障事例をご紹介していきます。

今回は、オメガ時計のベルトの故障についてです。

オメガのスピードマスターやシーマスターの時計で
ベルトのバックル(クラスプ)のスライド部に小さなネジがあります。

時計の脱着の際、ベルトが分離しない様に、
このネジにはベルトをつなぎ止める役割があります。

しかし脱着の際、このネジにはどうしても大きな負荷がかかる為、
ネジが劣化・摩耗して、やがて外れてしまう事が多いです。

また小さいネジですので、当社に修理依頼で届いた時計には
そのほとんどがネジを紛失している事も多いです。

修理対応としては、新しいネジを取付と、ゆるみ止め剤の塗布を行ないます。
(部品在庫状況により社外品のネジを使うこともあります)

ネジの摩耗、紛失を少しでも抑えるには
スライドするプレート部分を強く引っぱりすぎないことが良いでしょう。

時計の脱着の際は、やさしく行なうことをお勧めします。

時計の修理は千年堂にお任せください。

千年堂では一流の時計技師による最高の技術を低価格で提供しています。

もしロレックスやオメガなどの高級時計のメンテナンスのことでお困りでしたら、『時計修理の千年堂』にご相談ください。

メーカーでの修理を断られてお困りの方もパーツ次第では修理対応が可能な場合もございます。まずは一度お問い合わせください。

あなたの大切な腕時計が末永く時を刻み、愛され続けることを願って私たちは修理をしています。

よくある故障事例時計修理について
シェアする
sennendoをフォローする
オメガ、ロレックス、カルティエ、タグホイヤー、ブライトリング、IWC、各種高級時計の時計修理・オーバーホール-時計修理の千年堂 千年堂株式会社公式ブログ