時計の防水不良について【その1】:古い時計は防水機能だけでなくパーツ交換で高額になる?! | 千年堂 公式ブログ

時計の防水不良について【その1】:古い時計は防水機能だけでなくパーツ交換で高額になる?!

千年堂の田中です。

今日も頂いたお便りを紹介します。

オメガシーマスター修理後のビフォーアフター

オメガ シーマスター

オーバーホール並びに修理ありがとうございます

本日、無事届きました。

見違えるくらい、綺麗になっていたので、ビックリしてます。

防水3気圧にはならなかったですが、大事に扱います。

ありがとうございました。

お喜びいただけて何よりです(^^)

時計修理においてよくある防水不良。これは非常に気をつけないといけません。

今回はリューズや風防を交換しケースの歪みも修正したものの、25年以上経っているアンティーク時計ということもあり生活防水3気圧まで回復することができませんでした。

腕時計は時間が経つにつれ、経年劣化が進み、防止機能が低下してきます。

防水不良の時計は、パッキンを交換することで防水が回復することもありますが油断は禁物です。

なぜならパッキンが劣化しているということは当然他の部品も劣化していると言えるからです。

特にケースの歪みが防水不良の原因である場合はケース交換が必要となってきますが、ケース交換はメーカーのみでの対応となり、しかも非常に高額になります。

一度防水不良になっている以上、できる限り水、湿気、汗などに気をつけて使用したほうがよいでしょう。

防水機能については次回もう少し詳しく書きたいと思います。

●この記事の続きはこちら

時計の修理は千年堂にお任せください。

千年堂では一流の時計技師による最高の技術を低価格で提供しています。

もしロレックスやオメガなどの高級時計のメンテナンスのことでお困りでしたら、『時計修理の千年堂』にご相談ください。

メーカーでの修理を断られてお困りの方もパーツ次第では修理対応が可能な場合もございます。まずは一度お問い合わせください。

あなたの大切な腕時計が末永く時を刻み、愛され続けることを願って私たちは修理をしています。

時計修理について
シェアする
sennendoをフォローする
オメガ、ロレックス、カルティエ、タグホイヤー、ブライトリング、IWC、各種高級時計の時計修理・オーバーホール-時計修理の千年堂 千年堂株式会社公式ブログ