カレンダー操作時のルールについて | 千年堂 公式ブログ

カレンダー操作時のルールについて

時計修理の千年堂です。

機械式時計は、とてもデリケートな取り扱いが必要な製品の為、守るべきルールや作法が多いです。

今回はその中の一つ、日付(カレンダー)操作の一般的なルールについてご紹介します。
※各モデルによって操作方法が変わってきます。詳細は各モデルの取扱説明書を参考ください。

当社に修理を依頼されるお客様の中には、このルールを知らずに、
時計内部の部品を破損させてしまい、修理を依頼されるケースもあります。

まず、時計のモデルによっても異なりますが、
日付(カレンダー)が付いたモデルの場合は、
日付の操作をしてはいけない時間帯というのがあります。

その時計の時針が、「午後8時から午前4時までの間」を指している時間帯です。

通常、午後8時から午前4時までの間は、
日付を変更する歯車が動作準備に入る状態です。

この時間帯以外にカレンダー操作を行うと、
日付送りの歯車の部品を破損させてしまうおそれがあります。

その為、日付操作の際には、この時間帯を避けなければなりません。

日付を変更する際には、針を回し、時間送りで日付を変更するか、
または、一旦、その時計の時刻を午後8時から午前4時以外の時間に合わせてから
日付を変更し、その後、時刻を合わせるといった作業が必要となります。

またムーンフェイズのモデルの場合は、
午前、午後共に時針が7時から12時の間の時間を指している時間帯は、
修正ボタン(カレンダー、及び月齢用)を押してはいけないものもあります。

時針が真夜中を越える様に動かして日付を合わせるとすると、
日付とムーンフェイズ表示が同調しないおそれがあります。

カレンダーや、ムーンフェイズの操作方法については、時計モデルにも異なりますので、
お手持ちの時計についてご存じなければ、時計の説明書で確認されてみてはいかがでしょうか。

時計をたまにしかご使用されなかったり、月末が30日までの月などの際は、
ご自身で日付変更操作を行う必要があるので、
必ずこのルールを守って日付変更を行いましょう。

時計の修理は千年堂にお任せください。

千年堂では一流の時計技師による最高の技術を低価格で提供しています。

もしロレックスやオメガなどの高級時計のメンテナンスのことでお困りでしたら、『時計修理の千年堂』にご相談ください。

メーカーでの修理を断られてお困りの方もパーツ次第では修理対応が可能な場合もございます。まずは一度お問い合わせください。

あなたの大切な腕時計が末永く時を刻み、愛され続けることを願って私たちは修理をしています。

時計の部品について
シェアする
sennendoをフォローする
オメガ、ロレックス、カルティエ、タグホイヤー、ブライトリング、IWC、各種高級時計の時計修理・オーバーホール-時計修理の千年堂 千年堂株式会社公式ブログ